head_img_slim
HOME > 業務内容ページ

業務内容

鑑定評価業務

 同族間・親族間の不動産売買や節税対策としての資産評価、減損会計時や減損会計が必要か否かの判定など多様な局面において、鑑定評価が必要と されています。
 『鑑定評価書』は、不動産鑑定士が『不動産鑑定評価基準』に 基づいて、不動産の適正な価格又は賃料 を表し作成した文書であり、公的な信頼性が強く、主に以下のような局面でご活用いただけます。

  icon同族間・親族間において不動産を売買、賃借するときの税務署対策
  icon相続に際しての節税対策
  icon訴訟に際しての鑑定評価の証拠資料として
  icon企業会計における減損会計
  icon会社設立時に際しての、現物出資・財産引受 における資産評価
  icon不動産証券化における不動産価値の鑑定評価
  icon融資物件の担保価値評価

 

物件調査及び簡易評価業務

 不動産鑑定評価書は、通常、依頼を受けて1週間以上、案件によっては数ヶ月を必要とし、価格も高額になってしまいます。
  正式な鑑定評価書迄は必要なく、安価に、迅速に不動産の概要・価格・賃料等を把握されたい方に は、『調査報告 書』『意見書』がご活用いただけます。

  icon鑑定評価業務に掲げた活用局面の簡易な資料として
  icon担保評価
  icon売買賃貸検討物件の不動産概要・価格・賃料水準調 査
  icon机上計算による価格・賃料等の検証

 ※鑑定評価書とは異なり『不動産鑑定評価基準』に則って行われる物ではありません。

 

コンサルティング業務

 当社では株式会社大京不動産で蓄積したノウハウも活用して、売買、賃貸を含めた不動産に係わるあらゆるご相談に応じます。

  コンサルティングは、以下のような局面で活用できます。

  icon不動産の有効活用
  icon節税対策等における鑑定評価書作成の有効性
  iconその他あらゆるご相談

 

お問い合わせはコチラへ!

icon 電話番号06-6304-0231 icon FAX06-6304-1258
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る